Workshops

現在、日本・イギリスのオックスフォード(日英対応)、フランスのパリ(英仏対応)で、体験ワークショップを不定期で行っています。

 

開催日程や場所が合わない場合にも、個人や法人単位でお申し込みが可能です。出張講座ができますので、お気軽にお問い合わせください!

57370592_2331087500288853_53149640510364

次回のイベント

​※次回開催予定はもうしばらくお待ちください!

IMG_5233.jpg

過去のイベント

過去に開催したイベントやワークショップの情報をご覧になりたい方はこちらから。

IMG_1420.PNG

開催依頼

出張開催も可能ですので、お気軽にお問合せください!

 

過去のイベント

主なイベントのアーカイブです。

オックスフォード/Driving Question

2020年2月21日

​日本で人気のワークショップを、オックスフォードにて開催いたしました。

今後、日英対応で不定期開催の予定です。

ヤンゴン/Let's set a Driving Question

2019年9月18日

​日本で人気のワークショップを、ヤンゴン(ビルマ語翻訳)にて開催いたしました。ミャンマーの日本法人Dream Job Myanmarとの共催です。

273%を超える応募がありました。

​民主化後、生活や働き方への価値観が揺れるミャンマーで、ミャンマーの方々がみずからその意味を見出すことができる一助になれば嬉しいです。

ヤンゴン/Let's set a Driving Question

2019年9月17日

​日本で人気のワークショップを、ヤンゴン(ビルマ語翻訳)にて開催いたしました。ミャンマーの日本法人Dream Job Myanmarとの共催です。

273%を超える応募がありました。

​民主化後、生活や働き方への価値観が揺れるミャンマーで、ミャンマーの方々がみずからその意味を見出すことができる一助になれば嬉しいです。

聖心女子大学様/「社会学」登壇

2019年1月9日

港屋代表の五島が、聖心女子大学様の「社会学(永田佳之先生)」の授業に登壇いたしました。

今回のテーマは「『社会』と『わたし』はどこでつながる?」。体験を未来につなげる知恵として、Driving Questionをご紹介しました。
当日の様子や学生の声をお届けします。

▼女子大生と一緒につくるDriving Question|五島 希里|港屋 株式会社 @KisatoGoto|note(ノート)
https://note.mu/kisato_g/n/neb5614388298

Driving Questionをつくろう!

2018年12月20日

9月に開催された「未来の先生展2018」では、定員の4倍近い方々にお集まりいただき、会場の関係で立ち見もお断りせざるを得ない状況となってしまったことから、港屋主催で開催いたしました。

VUCAの時代(変動性・不安定さ、不確実性・不確定さ、複雑性、曖昧性・不明確さという4つのキーワードの頭文字から取った現代の様相を示す言葉)においては、明確なプランを持ってPDCAをまわすより、手段にとらわれず、自分を動機づける問いを持って、日々最適解を探し出す方法がおすすめです。そんな問いをつくるためのワークショップです。問いをつくるというと堅苦しいイメージですが、本ワークショップでは「事象に対する自分の感性」をキャッチするところを最も重要視しています。

Driving Questionをつくろう!

2018年12月10日

9月に開催された「未来の先生展2018」では、定員の4倍近い方々にお集まりいただき、会場の関係で立ち見もお断りせざるを得ない状況となってしまったことから、港屋主催で開催いたしました。

VUCAの時代(変動性・不安定さ、不確実性・不確定さ、複雑性、曖昧性・不明確さという4つのキーワードの頭文字から取った現代の様相を示す言葉)においては、明確なプランを持ってPDCAをまわすより、手段にとらわれず、自分を動機づける問いを持って、日々最適解を探し出す方法がおすすめです。そんな問いをつくるためのワークショップです。問いをつくるというと堅苦しいイメージですが、本ワークショップでは「事象に対する自分の感性」をキャッチするところを最も重要視しています。

未来の先生展

2018年9月15日

当日は予想以上のお客様にお越しいただき、すぐに立ち見席までいっぱいとなり、途中からは新たな立ち見のご希望者はご遠慮いただくなど、会場の都合でご迷惑をおかけしてしまいました。
ご不便をおかけしてしまった皆さま、申し訳ありませんでした。また、最後まで立ち見でご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

光明学園相模原高校様 / 「総合学習」登壇

2017年

プロジェクト型授業に取り組む際に、その社会課題に対して自分がどのような問いを持っているかを言語化するサポートをしました。